それは、楽しく奇妙な空想話―― 

 

それはそれは ひどく変わった男のお話で

いつも楽しくララララ 妄想ばかりして

歪なる文字の羅列と ある若い小説家、

妙な奴だと疎まれ、今日も孤独

 

おいでおいで インクまみれ の右手で 手招いて

「かわいいアリス、さあさあ ぼくのお膝の上」

黄金色の昼下がりー僕達の隠れ家で

今日もいつものステキなお話を

 

私はアリース、私はアリス

時計ウサギを追いかけ

不思議の国まで

小さな扉の小さな鍵を回す

 

ぐるぐる回るドードー鳥と

煙をふかしたイモムシと

くしゃみが止まらーない公爵夫人と

さあ、獲物は どちらへ?

 

不思議の国、不思議な人達の国

何故だか誰もウサギを追いかけない!

奇妙至極な話

見上げる君が続きをせかす

アリスの足跡綴っていく

 

ニヤニヤ笑うチェシャ猫が 浮かんでる、そして言う

白ウサギにゃら知ーってる よ にゃ知らないようにゃ?

次の日の6時にはあのいかれたお茶会へ

ミルクを入れておいしくいただくわ

 

響いてくる行進は、赤・黒・赤・赤・黒の

トランプ達の先には、我らが女王様!

首をおはね今すぐに、繰り返して狂い気味

けれど変ね 首は落ちてないわ

 

私はアリス、私がアリス

時計ウサギを追いかけ

不思議の国まで

首にかけられたラベル

「私をお食べ」

 

居眠りばかりするグリフィンと

海がめもどきのスープなど

ハートのジャックの最期の証言は

どうでもいい、にゃんてね

 

不思議の国、不思議な人達の国

何故だか誰もウサギを追いかけない

奇妙至極な話

見上げる君と視線を絡め

僕らの足跡綴っていく

 

そしてアリスは――― 

 

ここから先がいつも見えない

最後のページがめくれない

かわいいアリス、こちらにおいで

教えておくれピリオドの続きを

 

おまえはアリス、ああ私はアリス

そうだ全てはアリスの見た夢だ

夢が覚めればここに

いつものように僕らは一人

狂ったように

ページを次のページをページを巡る

 

それはひどく変わった男の話

口にするのは妄想ばかり

楽しく奇妙な空想話

変わり者の小説家

今日も彼らは一人きり





那是,既快樂又奇妙的天馬行空- 

 

那是那是 非常怪異的男人的故事 

總是快樂的啦啦啦啦 總是沉浸妄想 

扭曲排列的文字 以及某個年輕的小說家, 

被當作怪人而遭到疏離,今天也是孤零零的

 

過來過來 用沾滿墨水的右手 招呀招的 

「可愛的愛麗絲啊,來來 到我的膝上」 

金色的午後時分 在我們的秘密小屋 

今天也來講講平常的美妙故事

 

我是愛麗絲,我是愛麗絲 

追著懷錶的兔子 

到了不可思議之國 

轉動小小門扉的小小鑰匙

 

兜圈子的渡渡鳥 

以及吞雲吐霧的毛毛蟲 

以及噴嚏不斷的公爵夫人 

好,獵物會往哪去?

 

不可思議之國、不可思議人們的國度 

不曉得為什麼都沒有人去追兔子! 

奇妙至極的故事 

仰望的你催促著下文 

繼續編織愛麗絲的足跡

 

吃吃笑著的柴郡貓 浮在空中,然後說了 

「白兔的話我好像知道喔喵又好像不知道喔喵?」 

隔天的6點到那個瘋狂茶會去 

加入牛奶津津有味的享用

 

聲音漸漸靠近的遊行,是紅・黑・紅・紅・黑的 

撲克牌們的前頭,是我等的女王! 

「給我馬上砍了他的頭!」不斷重複似乎有點瘋了 

不過好奇怪啊 頭沒有掉下來呢

 

我是愛麗絲,我就是愛麗絲 

追著懷錶的兔子 

到了不可思議之國 

脖子上掛著標籤 

「請吃我」

 

不停打盹的鷹頭獅 

以及假海龜湯之類 

紅心J最後的證言是 

「沒差啦」開玩笑的YO

 

不可思議之國、不可思議人們的國度 

不曉得為什麼都沒有人去追兔子 

奇妙至極的故事 

和仰望的你深深對望 

繼續編織我們的足跡

然後愛麗絲-

 

從這開始總是無法看見 

最後的一頁就是翻不開 

可愛的愛麗絲啊,到這裡來 

告訴我句點後的延續

 

你是愛麗絲,啊啊「我是愛麗絲」 

沒錯 全都是愛麗絲所做的夢 

只要夢醒 

那麼這裡就像平常一樣只有我們一人 

就像瘋狂般 

巡迴一頁又下一頁又再一頁

 

那是個非常怪異的男人的故事 

總是把妄想掛在嘴邊 

既快樂又奇妙的天馬行空 

怪人的小說家 

今日他們也是孤單一人
http://www.youtube.com/watch?v=bEvmYS-zsjI

創作者介紹
創作者 鏡音雙子 的頭像
鏡音雙子

鏡音雙子 (鏡音リン)的部落格

鏡音雙子 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()